上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記しとして第二弾です。。。
前回はギターの記事になっておりましたが今回はカメラネタを、、、

昨年に、レンズ交換式カメラを購入したことをきっかけに、カメラのことを学び、その奥深さにどんどんはまってゆきました。。。
何でもはまるとトコトンまで行ってしまう性格が災いして(笑)
人・物・風景・スナップなどを中心にいろいろ撮りました。

しかし、当初購入したカメラで満足できなくなってきたんですね・・笑
というわけで、先月に新カメラを購入!!

以前に使用していたのがNikonが誇るミラーレス-Nikon1

※通常の一眼レフと呼ばれるものには構造上ミラーが搭載されておりレンズから通ってきた景色を鏡で反射させてファインダーへ送っているのです。これを省略してファインダーを省いたものまたは電子ビューファインダーを搭載したものがミラーレスカメラと呼ばれ一眼レフと比較した場合、本体をかなり小さくさせることが出来るため、持ち運びが容易でおしゃれで、いわゆるカメラ女子に人気の物←最後は僕の妄想です笑

でして、軽くてカバンにすっと入るので気に入っていたんですが、一眼レフの醍醐味と呼ばれるボケが少ないものでして、物足りなくなってきたのです。

※この俗に言うボケとは、ピントの合っている被写体以外の背景がボケて被写体が際立つ現象-人間の目も間近に物を持ってきたときに見ようとするもの意外は錯乱して見えます。要するにピントが合わなくなってくる。この現象と同じものなんですね、ここから先はほんとにマニアックな話になるので割愛しますが笑
このカメラのボケ量についてはレンズの明るさや本体の撮像素子(フィルムのこと)の大きさによって左右されます。

レンズの明るさとは

例- OOレンズ 27-80 f3.5-5.6

などとレンズの本体に表記されており、先にある27-80は焦点距離を表し、f3.5やらf1.4などは明るさ(レンズに入ってくる入光量を)あらわしているのです。
レンズに入る入光量が増えれば増えるほどピントの合う範囲以外のものが錯乱して見えるそうです。
コンパクトデジタルカメラでもレンズの表記がされていますが撮像素子が小さいため焦点距離を導き出すためには表記の焦点距離を何倍かする必要があります。(フィルムの大きさが変わればレンズを通して結像する距離が変わるので見掛けの焦点距離と表記の焦点距離に差が生じてくるため)
↑すごーく簡単に書いていますのであてにしないで下さい。笑 詳しく説明しているサイトをおすすめします。

撮像素子の大きさとは

前述にあるとおりカメラのフィルムにあたる部分で、この撮像素子の大きさが写真のクオリティを決めます。
これも、話が長くなるため省略しますが、要するに同じ大きさの写真を印刷するのにフィルムが小さければうーんと引き伸ばすことになりますので無理が出てくる。通常35mmがフィルムの大きさですがコンパクトデジタルカメラではこの何分の一の大きさでして、そうなればフィルムの受ける入光量も減りピントの合う範囲以外の錯乱が減ります。そのほか画素数についても少し触れますが、画素数が多ければ多いほど高画質になるわけではありません。(この話はいままでに詳しく解説された方がおられますのでそちらを参照下さい)
フィルムの受ける入光量が減れば、ダイナミクス(光や色のグラデーション)の少ない、表現が乏しい写真になります。写真撮るからにははやっぱり自分の見た目通りに光や色や雰囲気を伝えたい。残したい。と考えるのが普通でして。フィルムが大きければ大きいほど自分の見た目以上に鮮やかな写真が撮れる(これは何も保障されたことではありませんのであしからず)
ただ、撮像素子が大きくなればなるほど価格・本体やレンズの大きさも大きくなってくるので、このあたり
表現したい写真・被写体は何か?撮ってどのように楽しむのか?本体の大きさは妥当か?
というところを考え購入しなくてはなりません。。。ちなみにNikon1はコンパクトデジタルカメラと一眼レフの真ん中くらいの撮像素子の大きさです。ほんとにざっくりとした説明ですが笑
ほかにもミラーレスと呼ばれるカメラはこれまでのコンパクトデジタルカメラの撮像素子に比べるとかなり大きい仕様になっており、その技術の進歩はめまぐるしく、一昔前の一眼レフの画質をしのぐなんていわれている機種も沢山あります。
(Nikon1はそのミラーレスの中では撮像素子は小さい部類。。)

こんなことを考えているうちに・・・新しいカメラがほしいなぁぁなんて笑
そして購入しました。今回は入念にほしいカメラを検討しまして。。

DSC_2214_01_01.jpg

これを買いました。。

<本体>
Nikon D5100 
三年も前の機種でオークションで中古購入♪画素数が押さえ気味なのが好印象で後続の機種は画素数が高いように感じてます。撮像素子の大きさはAPS-Cといって、フルサイズ(35mm)より小さい。

<レンズ>
Sigma 50mm f1.4 EX DG
これは新品購入。カメラの場合、本体は使い捨て・レンズは資産なんていわれているので、一応新品で。。。笑
明るいことはいいことだ。笑 このレンズの場合撮像素子の大きさが変わったとしても同じく使用できるので将来的にフルサイズ機に変わったとしても仕様できるのが魅力。

というわけで着々とカメラ小僧化してますね。。。笑 ギターと二大趣味になっています。
しかし、私の周りにギターやっている方は沢山いるのですが同じくカメラやってるギタリスト人口も多い笑。
このことから、ギタリストが同じくカメラにはまりやすい性格特性を持っている人種なのでは。。。と思ってます。

稚出ですが何枚か写真を

DSC_0205_01_01.jpg

DSC_1247_01.jpg

DSC_0065_01_01.jpg

DSC_0049_01_01.jpg

CSC_1884_01.jpg

DSC_2280_01.jpg

DSC_1522_01.jpg

しかし、アンダー(暗い)な写真が多いこと多いこと。笑
これは僕の性格特性ですね笑

と、言うことで、ではまた!!
スポンサーサイト
これまで、本当にBLOGを放置していました。。反省しています。笑
と、いうことで。これまで書けそうで書けなかったことを少し書いてゆきます。

1.セミアコ(Srsa-65)のVOポッド故障について

ん~~。昨年の冬に故障しちゃったんですよね。Voポッドがいかれてしまいまして。セミアコの修理となると工賃で結構取られてしまうので、何度も修理に出していると元値なんかあっという間に超えちゃいそうで、こうなりゃ自分でやっちゃえって考えに・・・(これが、なかなか苦労したんですよね・・・・笑)

20131016_093542482_iOS.jpg

セミアコって最初にトップ板に配線組んでから箱の形に組み立てて完成させるわけで、その時点では配線作業なんて本と楽なんですよね(そう思ってる。)でもいざ修理となると、トップ板のFホール(エフホール--こじゃれた形した穴)からうえの写真見たくタコ糸なんかつけて出さなきゃいけない・・・そこからだした配線・ポッド類をまたタコ糸をひっぱってもとの状態に戻す必要があります。
これがほんとに大変!!


引っ張り出した配線を仮の位置決めのために用意したダンボールへ配置


20131016_095123110_iOS.jpg


もうね、こんな感じなんですよ・・・ここまでの作業で割りといらいらしてました。笑

ぐっちゃぐっちゃの配線で(これは僕が出す順番を誤ったから)

そして、故障したVOポッドを新しいものに替えて(VO二つあるんですが、念のため両方交換)こんな感じに

20131023_142727646_iOS.jpg

うん。割とスッキリした♪

この状態をまたタコ糸(今回は荷造り紐を代用)を用いてもとの穴までFホールを通して戻す。。。
これがまた骨の折れる作業!!
ニ・三度発狂しました。本当に。笑
ええおっさんが、夜中にギターいぢくりまわして発狂wwwwwww

みなさん真似するときは精神・肉体的に本当に余裕のあるときに。。。。笑

そして作業終了!!
さすがkonia。今回はVOを替えるのみならずそのほか交換できそうな配線材を質の良いものに変更。
思いのほか出音が良くなった気が・・・以前の音と比べると音圧はましていますね、ただ歪ませた時に更に下品な感じになったかなぁぁ・・・笑。
ま、基本的に出力が上がったということなんでしょう。

基本的な音色は本体の作りとピックアップが
音質は配線材が左右させる

と思ってます。

最後に・・・落書きをば・・・笑。。。
20131119_082300248_iOS.jpg
昨日の記事に引き続き、今回もカメラネタでございます。

今日は 午前中-晴れ 午後-雨 の予報でしたので、ちょっと仕事前に散歩をしようと早めに出かけました。

カメラをぶら下げながらぶらぶらしてたら、なんとなく不審者扱いされそうでちょっと勇気がいります。
春で被写体の豊富な時期でもないし(笑)

ですが、今日は収穫がありました。

猫がいたのです。

わたし的にはかなり美味しい被写体で、パシャパシャ撮っていると、、、おじさまが二人がこちらを見ているではないか、、、

「しまった、撮るのに夢中で気づかなかった。。。」と思い、恐る恐る話しかける。

おじさま「兄ちゃん、その猫知っとるんか?」
→「(??有名な猫なの?撮影料いるの?)いえ、、偶然見かけたんで、、、」

おじさま「その写真どうするんや?」
→「(なんか怒られる雰囲気?人様の猫だったの?)個人的に楽しむだけで、、、」

などと、変な雰囲気かと怖かったんですが、

おじさま「その猫の飼い主がこの前なくなってそこから野良になってかわいそうなんや、写真撮ってあげるよりか餌買ってきてあげてくれへんか?」

そういうことでしたか、、、ホッとしつつ話を聞くとオジサマ達も猫を心配しているみたいで、

「今度来たとき手ぶらで来ないようにします(笑)」

と、ほっこりしました。

そのおじさまのひとりが「俺のギャラリーも見てくれ」とのこと。。

なにか作品を作っているかたなのかとおうちにお邪魔させていただくと、いろんな小物がたくさんありました。
なにやら、小物作りが趣味とのことで写真を何枚か取らせていただくと喜んで下さりました。
最後に記念に一枚おじさまの写真をいただきお別れ。(ウェブ掲載の許可いただく(笑))

なんとも、こんな出来事もあるもんなんだな、と出社を急ぐのでありました(笑)時間やばい!!

いろいろ撮ったものをPicasaにUpしました~心の広い方はちょっと見てやってください。。

https://picasaweb.google.com/108188061169659982738/2013121
あけましておめでとうございます!
と、言っても既にそんな時期は過ぎてしまっていますが(笑)

今回はですね、また新しい買い物をしてしまいまいした。
これまで私の趣味としては、ギター演奏(バンド活動)やビリヤードがありましたが、今回は新たに。。。。

”カメラ”

を、始めてゆきたいとどこからともなく気持ちが湧いて出てきましたもので(笑)

この唐突さが、自分でもよくわからないんですが、、、

購入しましたのは、カメラの老舗”Nikon”が2年ほど前から出しております製品”Nikon1 J1”という機種!!
デジタル一眼レフカメラ、とまでは及ばないがその入門機としては上等すぎる位の仕様です。

デジタル一眼レフカメラとは作りが違うことと、フィルムにあたる部分の映像素子が割と小さかったりするのですが、その分持ち運び安さと手軽さ(デジタル一眼レフは僕には荷が重すぎる・・・)が売りなんですね、、

CMにはキムタクが起用されており、若干の抵抗が(他社は妻夫木くんを使ってた!!)あるものの、そのフォルムと老舗のNikonが出すんだから、そのクオリティには信頼がおけるのでは。。といった安直な考えもありました(笑)

なかなかこの時期カメラをもって外出するのは根性がいるので、春の到来を心待ちにしています。

いままでの音楽やらなにやらの話に加え写真もひっそり載せてゆきたいと思っています。

https://picasaweb.google.com/108188061169659982738/2013120

↑御手数ですがコピーして、URL入力してページを開いてください。(なぜかリンクで飛べませんので)

駄作ばかりで、申し訳ないです。。。

ではまた。
みなさんこんばんわ♪

長きにわたり日記や、ブログの更新を怠っていた私ですが。。。

今年も残すところあとわずかとなってまいりましたので、振り返り、、、は少し早いか(笑)

ちょっと、思うことがありましたので、更新したいと思います♪

今年の初め、、そう、1月から僕はウルトラジャムセッション(旧大阪ファンクジャムから)に参加するようになりました。。

もう一年も経つんです。

自分でも驚きます。

職業柄、土日の休みが必ずとれないので、こういった定期開催の催しになかなか参加できなくて、いつも悶々としてましたし、度胸がない(笑)

しかし、とっておきの後押しを受け参加を決意。

毎月お休みをいただいて、背伸びしてリクエスト曲を申込み、当日うまくできなくて凹む(笑)

でもね、ほんと参加されてるみなさん、器のでかいホストの方々、優しいんですよね~♪
続いた一番の理由はここにあると思います。

うまいプレイヤーが多いですし、アドバイスを下さる方もいます♪うまくセッションをまとめる見本を見せてくださる方もいます♪

楽器からでる音だけでないいろんなもので会話(セッション)している。

いろんな楽器を演奏される方が、しかも大人数あつまるのも、セッションならではで、ギター以外のプレイヤーとも話ができて、あらためてギターという楽器の”立ち位置”を教わります。。。

そんなわけで、僕の演奏自体もなにかしら影響を受けて成長していたら何よりなんですが(笑)

まぁ、日記の更新を思い立ったのは、同じギタリストに「うまくなった」と褒めていただけたのが一番の理由です(笑)

こういうとこ、わかりやすいです(笑)

案外、素直です(笑)

また来年からもギターライフを充実すべく頑張ってゆきたいと思います♪

みなさんよろしくお願いします!!

また年内に更新したいです(笑)

追伸:ウルジャムの二大歌姫(と、勝手に思っている。お二人とも歌がうまくてお綺麗な方です。だいたい見当がつくとおもいます。。。)が、お酒を一滴も飲まずテンションを維持されていることを1年間知りませんでした。。。ナチュラルハイ恐るべし、、、。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。