上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさんこんにちは♪

本格的な梅雨に入り、じめじめな日々が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか?

先週はといいますと、ベニエ座の京都ワンマンLiveがありました♪

なかなかお礼のメールやBlogの更新もできなかったのには訳があるのですが…

さておきLiveの様子はといいますと予想を上回る集客と、これまた予想を上回る転向に恵まれ無事に終了することができました♪
なにより足を運んでくださったお客様・バンドのメンバー・豪華ゲストTommy氏のお力添えがあったからこそのもの…
本当にありがとうございました♪

演奏としては、練習日数・新曲の進捗状況、調整具合も含めて考えると(録音はまだ聞いていないですが)、きっといい出来になったのでは…?!
と感じております♪

おおきなホールでPA通して演奏すると、(細かな部分はのぞいて)観客側に届くVo調整をそこまで心配しなくてもいいので、不安材料が一つ消え緊張しすぎることなく演奏で来たのかなぁ~

しかし通常レストランLiveが多いベニエ座ですので、各メンバーとの距離が遠く感じてしまいましたね(笑)どういうわけか(笑)

今回は初のゲストをお招きした点も見どころでして、トロンボーン奏者:Tommy氏による迫力満点のアドリブSoloがお腹に効きました♪
これからもますますご活躍されることでしょうし機会があればまたよろしくお願いしたいところでございます♪

それにつられて、というか感化されて?ベニエ座レギュラーメンバーのユーチャリさんもぶりぶりサックスを吹き鳴らしておられ、底力というかスポ根魂を見せつけられました。

座長も難曲を何曲も(←故意ではないので(笑)こなし、「間違えるのが仕事」などとおっしゃっていましたが座長の名にふさわしく、枝龍さんも相変わらずタイトな演奏でバンドの質を向上させてくださり(Live後にTommy氏に演奏をよく評価されておられ同じバンドメンバーとして鼻が高い気分に↑)、ヴォーカル・コーラス陣もソウルフル&キュートな振り付けでバンドとしての安定力がとても心強かった♪

ひきかえ今回のギターの反省点は数えるときりがない…

1.バッキングで細かいミスを連発←意識して聞かれないからといって気を抜くと全体的な曲のイメージを損ないます。
2.Soloがけしからん。←起承転結すら成っていないSoloは聴いてて疲れます。アドリブといってかっこつけないできっちり構成くらいはイメージしておこう。

大きく言うとこんな感じ、、、っていうか、アカンギタリストですね、こうして書き並べると。。。苦笑

まぁ録音を聴いてますますギターパートにげんなりすることは間違いないのですが、音色的には新兵器を投入いたしましたのでどのように収録されているかが楽しみでありますね♪

今回のセットリストは以下の通り♪

1stステージ

1.Funky Miracle / The Meters
2.Licorice / Stanton Moore
3.Mercy-D / Sam & The Soul Machine
4.Let The Music Take Your Mind / Grant Green
5.How Can I Be Sure? / Dusty Springfield
6.Who Told You / The Soul Snatchers
7.Mean Man / Betty Harris
8.Wait Up / Speedometer
9.Are You My Woman? / Speedometer
10.The Chokin’ Kind / Joss Stone
11.Super Duper Love / Joss Stone

2ndステージ

1.Rehab / Amy Winehouse
2.Thanks!(Again) / Stanton Moore
3.Cold Bear / The Gaturs
4.Talk Is Cheap / The New Mastersounds
5.Maybe / Janis Joplin
6.Rock Me Again & Again & Again & Again & Again / Lynn Collins
7.Oh,Uncle Sammy / Lynn Collins
8.Fa-Fa-Fa-Fa-Fa(Sad Song) / Otis Redding
9.Try A Little Tnderness / Otis Redding
10.(Your Love Has Lifted Me)Higher & Higher / Dusty Springfield

アンコール
11.Signed,Sealed,Delivered,I’m Yours / Stevie Wonder

身の回りが落ち着くまでもう少しの辛抱が必要ですが、ギター小僧は練習が大好きでありますので、今後も頑張ってゆきたいと思います♪

今回見に来ていただいた皆様本当にありがとうございましたまた次回もよろしくお願いいたします♪
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。