上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07.23 こだわり
今日は、仕事を終えた後、以前ギターを売ったときにお世話になった 中古楽器・スタジオ・リペアショップ「Site Zero」さんへ行きました♪

なぜかと言いますと、早速新しく買ったギターの調整をしたくて…

いままで使っていたギターの弦の太さ(ゲージ)がなんと、

1弦から…

0.13 0.16 0.19 0.28 0.38 0.52

はい、極太弦を使用していました(^^ゞ

というのも、憧れのギタリスト(スティービー・レイ・ヴォーン)が極太の弦を使用していて、その音がとにかく素晴らしいもんで…

とにかく一歩でもその音の近付きたくて使用し始めてはや3年(笑)
練習するたびに指の皮がめくれて、固くなって、めくれて…を繰り返し、半ば強制ギプス…

今更ながらギターのネックの反りが気になってきまして(弦が太いとネックにかかる負担も大きくなり反ってくる、木でできているので多少は仕方ないのですが…)
後、新しいギターにセットしたところ、なんかいまいちな気が…
新しいギターだとテンションがかなりきつく感じる…(指が痛すぎる笑)

の点から、ギターの弦を違うものに変える=ネックの調整が必要で、自己調整していましたが、なんせ高い買い物したので長く使いたい→ネックが心配、自分の調整に自信がなくなってきた→ZEROさんにお世話になるしかない!!

と至ったわけでございます。。。





店に着き、使用弦とネックの状態を見ていただく

Z「う~ん…反ってますね。しかもうねってる

え!!

買ったばかりなのに!?

Z「新品のギタ-でもネックが反っているのもおおいんですよ。。。逆にフラットなネックの状態の方が珍しい。。。特にFender U.S.Aの製品になるとつくりが大雑把なものが多いしね。」

ほぉ…

大雑把なのは知っていましたが、新品のネックはみんなフラットだと信じていました(^^ゞ


Z「それ自体はそこまで問題ないんですが(ギターを弾いて)この弦のゲゲージだと音が抜けていないというか、響きが悪いですねぇ(^^ゞしかし…指痛くないですか?(笑)」



そうですとも(笑) やっぱり音がいまいちだと思ったのは間違いではなかった…
指痛いのもお見通しというわけですね…(当り前か・・・(笑))



Z「使用している弦からすると、もうちょっと(トラストロッド、弦の張力を相殺する形でネックにはトラストロッドと呼ばれる金属が入っている)締めるべきですねぇ」


新しい弦のゲージは

0.11 0.14 0.18 0.28 0.38 0.49



この弦の張力と今のネックの状態から調整加減をアドバイスいただく。。。

R「この場でやってみるんで仕上がりを見ていただいたりできますか?」
でた、リペアショップ内で自分で調整するからといって仕上がりを見てほしいなんてよく考えてもとんでもない質問(笑)




Z「いいですよ♪ちょっと放置しますんで、やってみてください」




あっけなく承諾!!



ZEROさんいつも優しい…☆ …惚れてまうやろっ!!



新品の弦を購入してすぐその場で弦交換&ネック調整に取り掛かる

ネックとボディをばらしトラストロッド調整…

自分なりにやってみる。。。

う~ん、どうなんだろぉ

自分ではこんなもんかなぁというくらい調整し…作業場にいるZEROさんを見つけ…

R「せ…先生!(爆)」
(じぶんでいっときながら、先生はないだろ!!って自分に突っ込んでしまう(笑))


Z「あっ、はいはい、ちょっと待ってね~」
(え~!先生って呼んでいいんですか(笑))





仕上がりを見ていただく…

Z「良い感じじゃないでしょうか♪弦を張らないと分からない部分もありますケド♪」

おぉ、こんな感じでいいのか~

ネックを組み込み弦を張る。




最終確認。


Z「結構柔らかいほうのネックですねぇ、まぁいい感じになっていますよ♪自分としたらもうちょっと締めたいところですが♪次回の弦交換の時でも気持ち締めてあげてみてもいいんじゃないでしょうか。」




こうして、新人リペアマンは合格点をいただきました(笑)しかもギターの響きが格段に良くなった気がします♪ストラトらしい音が♪このギターによく合ったゲージだったのではないかと。


ともあれ、お世話になりっぱなしで…営業の邪魔になるし、調整でも仕事として受けてくださっても良いのに…泣


お礼を述べると最後にZEROさんが

Z「仕事にもなるけど、やっぱり自分のギターは自分で調整してあげるのが大事だと思うんです♪」


正直感動しました。この人になら自分のギターを任せられると素直に思ってしまいますねぇ…
だって楽器への愛情を感じますもの。


これこそ、惚れてまうやろっの域ですねぇ、本当にありがとうございました!!


地元にこんな良心的な楽器屋さんがあるのは本当に心強い♪(ちなみに、この前売ったギターは二日ほどで売れたそうで、今回お邪魔させていただいたとき、自分のことを覚えてくださっていました~嬉しい限りです♪)

帰宅後、いつもにも増してギターを弾き倒したのは言うまでもありません。
めっちゃ気持ちよく鳴ってくれるし、ネックの心配が解決したので♪


最後に、ZEROさんはお二人で経営されているんでしょうか??

ネックの調整にかかわってくださった方ともう一人店員さんがおられるんですが、その方とベニエ座でいつもお世話になっているお店”グリグリ”の店長さんとその方が音楽つながりのお知り合いだそうで、そのことを明かすと、店長によろしくとのことでした♪

世間は狭いと感じつつ、いろんなところでお世話になっているなぁ~と思い、人の温かさありがたさをあらためて感じながら帰路をたどりました~♪


Site ZEROさんホントにいつも感謝です!ありがとうございました♪

site ZeroさんHPです→http://www.sitezeroguitars.com
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://konia0216.blog73.fc2.com/tb.php/21-eb7f4b79
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。