上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は連続で更新します。更新する癖をつけます(笑)

ギターが主な趣味なんですが、カメラにも力を入れていましてですね、先月に新しいカメラとレンズを買ったばかりなんですが、安くていいから、交換レンズなにかないかな~なんて探していたら某オークションサイトにて格安にてゲットしましたよ♪

定価5.6万→売値3.3万→中古オークション0.8万

という、定価から考えるととてつもなく格安でゲットしました!!

Ai Nikkor 50mm f/1.4S概要説明↓
Nikon商品説明

もう三十年以上前から販売している元はフィルムカメラようレンズでして、この焦点距離50mmは人の目の見え方に近い画角とされていまして、このことから標準レンズ(フィルムカメラのセット販売では主流であった)と呼ばれているものです。
Nikonのレンズは「不滅のFマウント」と呼ばれていて現代のデジタルカメラでも使用できる。30年前の製造方法で変わらず今でも新品販売されているレンズってすごくないですか・・・
でもですね、現在でも新品販売されているレンズですが、カテゴリーとしては「オールドレンズ」に位置付けられているなんとも妙なレンズでもあります。

このオールドレンズで遊んでみようではないか!!

しかもですね、私の使用しているカメラ本体「D5100」ではフォーカス(ピント合わせ)はもちろん露出もマニュアルで行わなければならないという、一眼初心者の私にはかなりの挑戦になるわけで。。。

ちなみに、現代のカメラではオートフォーカスは主流でして、撮影するときにシャッターボタン反押ししてピピッと鳴ったら全押ししてシャッター切りますよね。この作業をレンズのリングを回して自分でピントを合わせるのがマニュアルフォーカスになります。
そして「露出調整」はですね、※ここでこの記事に飽きてはなりませんよ!!(笑)最後までお付き合いください!!
どのくらいの光量をフィルムに当てるか調整することを露出調整というんです。
※詳しくはこちら→Nikon Hp
よく耳にするシャッタースピード・絞り・感度これらを調整して意図した絵になるように、近づけるようにする作業なんですが、これがデジタルカメラだと本当に賢くて、設定次第ではフルオート(構図を決めてシャッター押すだけ)に出来るんですねー便利です。
昔のフィルムカメラ愛好家はですね、露出計と呼ばれるものを持って周囲の光量をざっと計算してカメラの設定を調整して撮っていたんですね、フィルムなので一枚とって具合を見るなんてことできません、すべては現像してからのお楽しみ。(ほんとすごい)
なので、なんというか。。イメージですよ!!イメージなんですが、頑固おやじ的な理系の男性が険しい顔して撮っているイメージなんですよね(笑)
今となってはカメラ女子というファッショナブルな呼称でカメラ好きな女性が巷に広がっている。。当時ではあんまり想像つかなかったのでは、、、なんて思います。

しばらく、このレンズをつけっぱなしにして、フルマニュアルで撮る練習をしたいと思います。
何かお見せできるものが撮れれば、ぼちぼちUpしますので、なにとぞよろしくお願いします。。。
このデジタル時代において、Koniaの無謀な挑戦は始まるのでした。。。。

レンズ実物・・・このグラマラスな前レンズ(前玉という)。。ぐっときます(笑)↓

DSC_47190101.jpg

古いタイプのレンズなので絞り調整が本体ではなくレンズについている↓

DSC_47580101.jpg

Ai Nikkor 50mm f/1.4Sで撮ってみました。。。

DSC_47730101.jpg

眼鏡男子 + カメラ小僧 = レンズにメガネぇーーー

今日はちょっと冷えますね。。。


ではまた!!(笑)

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://konia0216.blog73.fc2.com/tb.php/76-703f0978
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。